So-net無料ブログ作成

連続女性暴行の男に懲役30年=「再犯の可能性」指摘―大阪地裁(時事通信)

 大阪市内で1人暮らしの女性らを狙い現金を奪って暴行を繰り返したとして、強盗強姦(ごうかん)などの罪に問われた鎌田公一被告(44)の裁判員裁判で、大阪地裁(中川博之裁判長)は15日、「常習性が認められ再犯の可能性も危惧(きぐ)される」として懲役30年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。
 判決は「事前に粘着テープなどを用意し、深夜に女性の後を付けるなど計画的だ」と指摘。一方で被告に有利な情状として、被害者の一部と示談が成立していることを挙げた。
 判決後の記者会見で、裁判員を務めた女性は「(もし被害者が)自分だったらと考える一方、安易に感情的になるのは良くないと思い、(量刑を)どう判断するか悩んだ」と述べた。
 判決によると、鎌田被告は2005〜09年、大阪市内に住む計10人の女性を暴行し現金を奪ってけがを負わせるなどした。 

【関連ニュース】
〔特集〕裁判員制度 スタート1年
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
〔写真特集〕押収銃器〜ペンシル型拳銃から自作機関銃まで〜
日本人カメラマンが強盗被害=初戦取材直後、路上で

布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
選手も監督も地味だけど…「世界を驚かせてほしい」(産経新聞)
祇園祭りの山鉾「孟宗山」の胴懸が約200年ぶりに新調(産経新聞)
<雑記帳>アルパカ、初の毛刈り…中越地震の復興につながれ(毎日新聞)
【新・関西笑談】ラジオが最高!(2)DJ・タレント 谷口キヨコさん(産経新聞)

大野一雄さん死去 「舞踏」を確立(産経新聞)

 白塗りの化粧と緩やかな動きで知られる「舞踏」を創造し、国内外で活躍した大野一雄(おおの・かずお)さんが1日、呼吸不全のため死去した。103歳だった。通夜、告別式は近親者のみで行い、後日、お別れの会を開く。喪主は次男で舞踏家の慶人(よしと)氏。

 帝国劇場でスペイン舞踊を見たのをきっかけに舞踊家を目指す。戦後、現代舞踊家として活動。暗黒舞踏の土方巽と出会い、「舞踏」というスタイルを作り上げた。昭和52年に発表した代表作「ラ・アルヘンチーナ頌」で注目され、海外でも人気を集めた。

【関連記事】
細江賢治「瞬間的決定」 俳句に似た写真の感覚
民族の矜持を踏みにじる…NHKこそ「人間動物園」ではないのか
性転換の異色舞踏家、胡蝶“波乱万丈”の舞…年収は?
ミシェル・オバマ夫人、就任舞踏会のドレスを博物館に寄贈
ゲイバーのママから「龍馬伝」まで…田中泯の正体とは
「はやぶさ」帰還へ

「中川政七商店」老舗の快進撃から目が離せない(Business Media 誠)
ネット選挙解禁法案で紛糾=衆院委、午前は開会できず(時事通信)
<民主党>政調会長に玄葉氏、入閣も内定(毎日新聞)
<みんなの党>参院選、3氏を追加公認(毎日新聞)
<菅首相>米大統領と電話協議 普天間、日米合意履行で一致(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。