So-net無料ブログ作成

下請け代金を不当に減額、神奈川の運送会社に再発防止勧告 公取委(産経新聞)

 公正取引委員会は27日、下請け業者に支払う代金計約1700万円を不当に減額したとして、下請法違反で諸星運輸(神奈川県小田原市)に再発防止を勧告した。

 公取委によると、諸星運輸は平成20年3月から21年11月の間、下請け会社約50社に「値引き」や「手数料」の名目で代金の減額に応じるよう文書で依頼。求めに応じた関東、関西地方の計3社の代金1430万〜44万円を減額した。

 公取委の調査を受け、諸星運輸は21年9月と11月に対象となった下請け会社にカットした代金全額を支払った。

【関連記事】
「日航再建問題で政府の関与に疑問」慶応大の岸博幸教授
3700万円を不当減額、公取委がコイズミ物流に勧告
全日空社長「公正公平な競争環境を」 国交省に要望
公取委も“特例” 藩政時代から続く仙台初売り
“脱官僚”崩壊 「適材適所」と開き直り

「ハイチに千羽鶴贈ろう」 被災者喜ぶのか、迷惑なのか(J-CASTニュース)
検察側冒頭陳述(下)「知能程度はむしろ高水準」 秋葉原殺傷初公判(産経新聞)
国家公安委員長「リークある」に中立危ぶむ声(読売新聞)
給油復活法案を決定=自民部会(時事通信)
無許可業者のごみ収集容認=うその証明書も発行−大阪・松原市(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。